読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四谷怪談

f:id:tanisanpo:20160827113601j:image

 

褐色の恋人ってコピー。

褐色のポーションの色を示しているのか。

それとも、お口の恋人的に、褐色の飲み物との関係性を示しているのか。

わかりづらいけど、妙にエロくて、好きです。

 

 

 

 

さておとついも夜に収録をしていたのですが。

四ツ谷のスタジオだったので、プロデューサーがたん焼きのお店に誘ってくれまして、


http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13000943/

 

ここで茹でたんを堪能したのち、笑顔で追い出され、思いつきで坊主バーなるものに向かうも坊主バー満席で、その上の階にある牧師バーなら空いてるよということで、牧師バーへ。

 

http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13023089/

 

(牧師バーは食べログに登録されていない)

 

神さま大乱立で大丈夫なの!?と思いつつ結構仲よさそうな坊主バー店主と牧師バー店主。どういう関係なんだろう。

 

そんなスピリチュアルな雰囲気に流され、会はなぜか怖い話大会に。業界で有名な心霊スポットの話など聞いて震える。

 

いわく、六本木の飯倉の交差点は、上り坂と下り坂が交差する東京にも珍しい交差点なんだとか。

しかも、東京全体の気をしょっているという東京タワーのお膝元。

よくない気がたまりまくるパワースポットであると。

そんな飯倉の近くのポストプロダクション(映像編集とかをやるとこ)はぎょうさん霊的なエピソードが。。。

 

誰もいないミキサールームで椅子がグルグル回っているとか、ミックスした音源に子どもの笑い声が入っているとか。

こええよ。もう行けねえよ。

 

 そしてそのプロデューサーは霊感ないものの、霊的なものを引き寄せる体質らしく

(夏目友人帳かよ!)

まえに住んでいたマンションがヤバイ立地だったうえに904号室に住んでいたため

(そんな部屋番号選ぶなよ!)

一時期憑かれまくっていたと。。。

 

守護霊の椅子って、空いていると何人でも座りたがるそうなんです。

で、そのプロデューサーの椅子はさながらアジアの通勤電車のごとくギュウギュウに霊が乗りまくっていたと。

 

そんな言われ方をされていちどは「フーン」と受け止めたものの、

よくよく考えると怖すぎでは!!?!!

 

 

残暑もふきとんだ語らいなのでした。

おわり。

このそわつき

 

今日は朝から収録だった。

そして夕方のプレゼンまで予定がなかったので、

企画をするふりをしながらcakesで記事を読んでいた。

 

カレー沢薫先生の文才、とてつもない。

大分前に何がきっかけか忘れたが『クレムリン』を買って、

それ以来ツイッターはフォローしてきたものの、

こんなに文章面白いとは…。

単純におもしろすぎてしんどいし、

ブスについて考えさせられるようで、

絶妙に何も考えポイントがないところがすごいと思った。

 

 

ちなみにわたしは不謹慎かつ口の悪いクソオタクなので

押しキャラをブスと呼ぶのは割と性癖です。

ブス(不細工)に性的な興奮を覚えるのは、美人に興奮するよりも、なんかエロいなと思う。とくに、荒北受けは超エロくて困る。

 

 

 

それはそうと、最近うれしかったことを発表します。

 
 
おととい、某アニメタイアップ案件の収録があったのですが、
そこに、以前別件でご一緒した声優さん(神)がいらしたので、
あつかましくも、
 
「先日はありがとうございました…
 ●さんのおかげでとても好評でした…」(震え声)
 
というようなことを申し上げたら、
 
「いつも面白い企画をありがとうございます~!」
 
と太陽のような笑顔で仰っていただけたのです。
 
 
え?それだけ?
え?社交辞令じゃん?チョロくね?
 
という話なんですが、なんかもうこれが、
無性にうれしくて泣きそうになりましたね。
基本チョロいんですけどわたし、
もう格別に一瞬でヘブンズドアをたたきました。
 
 
憧れの存在が、自分が企画したものを、
楽しく演じてくださっているというのは、
これ以上ない愉悦なのだなと。
 
と同時に、広告代理業というのは、
きほん影武者的な仕事なので、
これがふつうにシナリオライターとかであれば、
もっとこういう機会があるのかな…と…
すこしうらやましく思ったり。
 
 
さいきんの野望で、
ワイ氏、Rejetの岩Dを崇拝しているのですが、
あのように脳内麻薬的な曲の歌詞を
書いてみたいというものがあり………。
 
作詞ってどうやって仕事を貰うんだろう…。
「作詞家 なりかた」とかで検索しても、
いまいちわからんのですな。
 
 
ボカロPとかになれば話早そうですが、
曲作るのはむりやし…
そんな心意気で詞が書けるのかという話はありつつ…
 
ポエムを書いてこのブログに乗せ続ければ、
誰かの目にとまってデビュー…
なんつー都合のいい話はなさそうだし…
 
 
元上司が東方神起の作詞してたり、
先輩がハロプロの作詞してたり、
みんなどうやって仕事をもらっているんだろう!?
事務所に出入りするということなのかな?
(しかしそんな度胸はない)
 
 
ああ…
印税欲しいなあ~…。

 

時は金だし情報も金。

きょう、ポケットワイファイを契約してきました。

 

 

以前E-mobileルーターを使っていたのですが、

iPhoneテザリングに移行して、凍結。

 

ですが、なんか気分変えたいなと思ったり、

あと最近

 

Pixivでイラスト見たいけど通信制限がなあ…

Kindle Unlimited登録してるけどデータがおせぇ…

刀剣乱舞いつまで経ってもはじまんねぇ…

 

と思うことが多かったり。

勝手に再生される動画広告に怒りが募ったりし、

2年ぶりのポケットWifi

 

 

最近とみに、あー情報化社会やなと思います。

いろんな情報がプラットフォームに上がって、

なんでも検索すればわかる。

 

どこかに行きたければgoogle mapだし、

おいしいもの食べたければ食べログみるし、

旅行の時はトリップアドバイザー

雑誌読みたきゃKindleで落とすし、

漫画も小説もそう。衣食住。

 

Youtubeみて、ニコニコみて、

マネーフォワードに金管理してもらって、

Googleにスケジュール管理してもらって、

あらゆるデータは全部Dropboxで保管してて、

あらゆるメモはevernoteで取る。

 

情報てゆーか、アプリてゆーか、

通信する社会てゆーか。

私のインプットもアウトプットもぜんぶ、

スマホに凝縮されている。

 

 

そういう時代だからなのか、

通信制限とか電波弱い地域とかに、

ほんと~~~~~にストレスが溜まってしまってね…

 

 

私は通信を奪われたら今

手負いの獣になるであろう。。。

というプランB的なポケットWifiでもある。

 

 

情報には金を惜しまない、と決めました。

なんとなく。

ただし、ソシャゲの課金は情報とみなさずに。

この夏のチラシの裏。

世間話

f:id:tanisanpo:20160823103948j:image

 

ああこの夏が終わろうとしている…。

 

Kindleでイラスト入りBLを読みつくした感あり、

アプリアップデートに伴いpixivで二次創作小説を読み漁る気力が失せ、

あんスタに飽き、FGOに飽き、夢100に飽き、ポケモンGOに飽き、

そうなると移動時間やらふとした空き時間はただSNSを見つめ、

Twitterからねとらぼに飛び、ハム速に飛び、あじゃじゃしたーに飛び、

Facebookから東京カレンダーに飛び、tastyの動画を無言で見つめ、、、、、

 

何が言いたいかというと、いや別に何を言いたい訳でもないんですが、

最近いつもに増して漫然と、それはもう漫然と情報に向き合い、

ボーーーーーッと過ごしてしまっているので、

ならば果てしなくどうでもいいことであったとしても、

まだブログでも吐き出した方があとあといいんではないか、と、

いう結論に至った。そんな8月の末でして。

 

今年いっぱいは極力、たとえどんなにどうでもよくても、

暇な時間にブログを書こうと思います。

そう、トイレの落書き、チラシの裏。そうですそうです。

 

 

さっそく、今年の夏の話ですが。

例年に増して腑抜けた夏でした。

 

オリンピックがあったので、業界全体閑散期な雰囲気を感じつつ、

(オリンピックスポンサー以外は大人しくしている傾向?)

根詰めてやるようなこともなく、

かといって何かにハマっていたわけでもなく。

 

とにかくもう、ただただ、暑いのがしんどくて。

ちょっと外出ただけでぐだーっとして、家にいてもやる気が起こらないという。

経年による体力の低下なんでしょうか?単なる夏バテ?

この調子で下降していくと5年後には老衰死してる気がします。

 

肩こりもひどいし、腰痛もしんどいし。

(やばいな、体調の話しかしてないなこれ。)

ぐでぇ~っとする脳がカレーを食べたいと叫び、

食べログを調べてカレーを食べ、おなかいっぱいになると、

また寝転がり、眠りに落ち、まどろみながら酒を飲むという、、、、、、

ああ、なんてしようもないんだ、、、、、、

 

 

なんすかねえ。

勤続5年目になり、世の理がなんとなくわかってきた部分もあり、

それでもそれは今の時代の今のこの業界の今の私の領域の話でしかなく、

無力感に襲われつつ、万能感に酔っているとでもいうか、

仕事がそんな感じなので、

私生活もだらけちゃってるんすかねえ。。。。

 

むかしの自分ってもうちょっとシャキッとしてたような…

いや、思い出せないだけでずっとこんな感じなのか…?

 

この夏はさりげなく色んな出会いとか色んな再会もあったので、

そのへんの情報が処理しきれていない可能性もあるのかな…。

 

と、いう話をまた書こうと思います。

なんか、セルフカウンセリングだな、これは。

言葉にする仕事をやってるからできることなのかもしれない。うーむ。

自分のためだけのBL小説感想まとめ

さいきんKindleでBL読みまくりOL。出費がやばいです。はうはう…。

改めて感想書きたいなと思いつつ、ツイートしてた分まとめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひと月で10冊くらい読んでるとゆーことですな…一冊800円として出費8000円…

でもやめられない…罠!!!!

二次元アイドル界の帝王は増田俊樹では!?と思って集計したら本当に増田俊樹が帝王だったけど結構接戦だったはなし

時代を切り開き、ブームを牽引してきたうたプリ

アプリ発の作品として、非常に高い熱狂度を誇るあんスタ。

そして劇場版が大ヒット中のキンプリ。

 

それぞれ別の出自でありながら、同じく偶像としてキャラクターが肩を並べる。

世は、二次元アイドル戦国時代―――

 

 

なんじゃないかな!?と思うことが最近増えました。

(日々の業務においても、アニクラにおいても。)

 

そして、二次元アイドル界隈で

なんかすっごい頻繁に増田俊樹さんの名前みるなぁと思って、

私が桐原アトムくんと朔間零くんとカヅキ先輩が異常に好きというのもあるんですが。

実際男性声優さん、どなたが出演キャラ多いのかな!?と疑問に思い、

エクセルで集計してみたグラフがこちら。

 

 

(一介のオタクが手入力してるので、ライセンシーや略称がおぼつかないのは目をつむってください・・・)

 f:id:tanisanpo:20160415124052j:plain

f:id:tanisanpo:20160415123900j:plain

 

※黄色の網掛けはこの←ツイート以降に更新したもの。

 

 

 

集計対象

思いつく限りの二次元アイドル 計100組

※うちCVありのものは93組

※広義の二次元アイドルということで、ロックバンド/ヴィジュアルバンドも含んでいます

※こちらの記事参考にさせていただきました!

matome.naver.jp

 

集計方法

頻出してきた印象のある声優名をcountif関数で計算。

※つまりざっくり

出演数3回以上の声優名のみ表に入れ込み、グラフ化。

 

結果

f:id:tanisanpo:20160415124609j:plain

 

ということで・・・・。

 

 

たぶんわかる範囲で全部の二次元アイドルキャラクター

演じた数の多い男性声優ランキングベスト10

(2016年4月15日版)

 

1位 増田俊樹さん(13キャラクター)

2位 柿原徹也さん(12キャラクター)

   花江夏樹さん(同)

4位 蒼井翔太さん(11キャラクター)

5位 梅原裕一郎さん(10キャラクター)

   江口拓也さん(同)

   山下大輝さん(同)

8位 森久保祥太郎さん(9キャラクター)

9位 小野友樹さん(8キャラクター)

   KENNさん(同)

 

 

上記の結果になりました。

 

増田俊樹さん、暫定帝王、おめでとうございます!!!

(勝手に任命)

ガーサスのまっすーやー!!!

 

 

 

 

以下個人的な感想

 

①オバレっょぃ

 

athletic core

athletic core

 

ワンツーの増田さん、柿原さん、そして少し順位はおちるものの、前野さん・・・。

オバレ強すぎ・・・ヒロ、よかったね・・・!!

 

 

②意外と居なかった方

神谷浩史さんが1回も登場せずでした。

(おそ松のF6を含めれば入ってきますが)

 

③2.5次元出演経験者の進撃

増田さん、KENNさん、小野賢章さんほか、

テニミュに出られてた方とベン図がかぶっている感。

Rejetのピタゴラスのユニットが多少引き金になってるのかな?

なんにしてもマジ4は最高です。

 

 

 

以上、ただのファンのつぶやきでした。

あやしい点も多々あるので、ご了承を。。。。

 

さて仕事に戻ります。。。。

リア充トライアル

世間話
ここ数日、京都に行ったり新潟に行ったり茨城に行ったり鬼のように移動しており
ようやく落ち着いてふうっと息ができるかんじ。
なんか慌ただしくなりそな2016年。


なんで新潟行ったのかってなんとなんとスノーボードに行って来ました。男女で!泊まりで!スノボに!!!

フェスにしろスノボにしろ社会人4年目にしてようやくデビューしたわけですが、
なんだろう、楽しいのだけど、それ以上に
「あ〜〜〜これは若者好きそうだわ〜〜なるほどこの遊びは若い人が好きそうだわ〜〜!!!!」
という感想に行きつく…俯瞰厨?不感厨?
いやもちろん若者以外もたくさんいるのですが。


リア充アクティビティにおける当事者感の不足
が今年のテーマになりそうです。

サブタイトルは
心から「楽しすぎた〜」と言える日は来るのか?
で。





スノボの中身ですが、クソほど転んだけど木の葉滑りはなんとかできるようになって嬉しかったです。
達成感と爽快感と遊び。
つまり若者が大好きなやつ!