女オタクを15に分類してみたリスト。

オタクで女だとなんでもかんでも「腐女子?」と言われて不本意みたいな話をたまに聞きます。

 

 

腐りきっているワタクシとしてそれはまあ本意というか、

まぎれもなく事実なので否定のしようもないのですが、

この現象って、『腐女子』だけががっつりカテゴライズ確立されていて

他が言語化されてないからなのでは?

 

などとおもい、分類してみたメモ。

 

まあこういうのってある意味病気みたいに色々併発するもんなんで

パッキリ分けることはできないのですが。

 

分類ついでに悪口っぽいことも書いてあるのですが、

あくまで低俗な腐豚の所感ということで読んでも怒らないでくださいね!ペロォォ!!!

 

 

1. 腐女子

男同士の恋愛をたしなむ、女オタクの最大軍勢。数の多さからバリエーションも広く、更に細分化しようと思えば、たぶん以下のように軍勢は割れる。

 

1-1. サブカルお姉さん

 少女マンガの延長として商業BLをたしなむ、フェティシズムに寛容な層。

 BLはあくまで嗜好品として一線をひいているのでかなり普通に見えるしコミュニケーションも問題なく取れる。

 

1-2. 同人女

 二次創作ホモを愛する層。萌えに敏感な腐女子的トレンドウォッチャー。

 エンタメ界にホモォアンテナを常にはっているため、しばしば民族大移動が起こる。

 ここ20年くらい、少年ジャンプのなかには常に1タイトル以上、奴らの食い物がある。

 この夏から秋にかけてのFree!→弱ペダの顕著な流出はトライアスロンと呼ばれる。

 

1-3. アンソロジー小娘

 同人女の幼虫。たいがい義務教育中だったりする。

 処女がかかりがちの流行病のようなもので一過性の場合もあるが、こじらせると危ないホモォ予備軍。

 

1-4. ジュネおばさん

 BLの真の読者。経済を回している。漫画も読めば小説も読む。

 商業BLは同人と違い、大体の本屋に置いてありイベントで一気に買うようなものでもないため、なかなか抜け出せないという性質のもの。

 たぶんまだしばらくメディアで脚光を浴びることはない腐女子のなかでもいちばん不可侵なゾーン。

 

 

2. アニメ好き女子

 映画とか音楽のノリでアニメをたしなむ層。

 性的嗜好に関わらないパターンが多く、逆にモテたりすらする今いちばんオトクなゾーン。

 「萌え」という言葉を概念的に使うが、彼女たちにあの腹の底からわきあがり、胸の裏がうずく感情が理解できているのかは疑問。

 一般にしょこたんがパイオニアという扱いを受けているが、実際のところしょこたんVIPPERだったしもっとドロドロなんじゃないかなと思う。

 

 

3. 乙女

 乙女ゲームをやる層ということで、仮に乙女と分類。(理屈としては合ってるはずのになぜか違和感。)いつまでもネオなネオロマンス

 ときメモGSやコルダのころに興隆しはじめ、薄桜鬼からうたプリまで根強く息づく層。

 春にコルダまたアニメやるらしい。マジでとても根強い。

  

 

4. 嫁

 キャラクター萌えする女子たち。一部の経済をブンブン回している。

 テニプリの流行以降可視化されはじめ、うたプリでしっかりと層を形成した。

 熱狂的な場合も多く、アニメだろうとイベントだろうとグッズだろうと、ジャンルまたいでキャラに愛を注ぐ。二次元行きたさではたぶんトップで、お誕生日に命をかける。

 アニメイトブロッコリーのビジネスを力強く支えている。

 

5. 夢読者

 キャラと恋愛できる小説、夢、ドリーム小説をたしなむ。

 発想としては嫁とほぼ一緒だが、夢には二次元もあれば、三次元もある。

 ある意味いちばん次元に富む層。年若く、妄想のはかどる年代に多い。

 

 

6. 声豚

 中の人をたしなむ。もちろんアニメも観つつ、深夜のラジオ聴いたり、Podcast落としたり、声優のツイッター見たり、イベント行ったり、声優グランプリを買ったり、時にはジュノンも買う。

 メディアまたいでアクティブで、情報収集に余念が無い情報通。

 

7. 主ファン

 ニコ生主・歌い手・実況動画をたしなむ、アマチュア版の声豚。

 コミケなどで見受ける印象としては若い層に多く、処女臭がする。

 盲信的があるがゆえに、ぱにょさんとか悪い大人に騙されることも。気を付けて!

 

 8. 2.5次元ギャ

 テニミュ、ブリミュ、ペダステなどなどから派生して、二次元起点で実在のイケメンを愛する層。

 対象が三次元かつイケメンなので、かなり見栄えとしてはマトモ。というかふつうに可愛い。

 しかし喋り出すと止まらなかったり、時折ビックリするほどの飛び抜けた行動力をみせる。

 

 9. ボカロ厨

 ボカロに詳しく、ライトながらある意味根深い中二病を患っているケースが多い。

 実質ボカロとはちょっと違うものの、カゲプロがその中枢を担ってる感強い。

 一昔前ならSound Horizonに傾倒する系のソフトメンヘラのきらいがある印象。 

 

10.百合女子 

 「マリア様が見てる」という百合界の金字塔があり、お姉さまに憧れた気持ちをそのまま育つと百合女子になる。

 ここ2,3年で市場の広がってきた感もありつつ、やはりBLに比べると圧倒的に層が狭く、また書店で見つけづらい。

 あと百合姫コミックスが1冊1000円とかで高いので、軽く入門するにはまだハードル高め。

 

11. 萌豚

 女でありながら男オタクが好むようなアニメ、漫画、はてはエロゲーまでたしなむ。

 性質上肩身がせまく、ソロで動く個体がほとんど。ある意味で特別変異。

 普段どこで何してる人なのかつかめないが、コミケ3日目のエロ同人大手サークルの列形成などを見ていると、一定の数いることは確か。

  

12. レイヤーさん

 週末コスプレイヤー。なかでも男装やるかどうかでかなり性質が異なる。

 ふつうにスタイルのいい美人も多いが、なぜか鬱屈としたオーラを纏いがち。

 陰鬱な美人でトランク引きずっていたら、ほぼ確実にレイヤーと見ていい。

 

 

 

私の認識している女オタクの分類としては以上な感じです。

ひとくちに女でオタクつっても色々ある、というカテゴライズでした・・・。

 

ちな私は腐で百合で萌豚という1番お財布爆発するクラスタでございます・・・貯金?ねーよ^^^^

 

 

あとまあ、音ゲー厨とかネトゲ廃人とか喪女とか、まだまだギークな層居るけれど、疲れたのでいったんこんなところで。また追記しよかな。パワポにでもして。

 

 

 

 

2014/7/14 ペダミュ→ペダステと指摘があったので修正しましたw